歩き易く、疲れにくいウォーキングにおすすめのウォーキングシューズをご紹介します!!



信頼できるメーカーと信頼できるモデルを集めました。通販は試し履きができないだけに、購入するのにとても不安になるかと思います。
今回は詳細な選び方、靴の測り方も併せて、おすすめを紹介します!!

ウォーキングシューズの特徴は?


通気性や防水、軽量、衝撃吸収等の機能を付加しているものが多く、ウォーキングに特化したシューズです。

履き心地
ウォーキングをしたときに体の負荷が少なく、疲れにくいように作られています。
ウォーキングシューズはランニングシューズよりも重さがあります。
それは、歩く際におきる振り子の原理を利用して、足が疲れたときにでも前に一歩でも進みやすいようにしている為で、
靴底が厚いことにより安定した歩行を可能にしています。

素材
合皮など耐久性のある素材が多いです
何故かというと、ウォーキングシューズは天候に左右されることなくどこでも快適に使えるようになっているからです。
また、ウォーキングはかかとから着地することが多いので、かかとが減りにくいようにラバーソール(ゴム底)を使用しているものが多いのも特徴です。

見た目
フォーマルでもカジュアルでも合わせやすい落ち着いた色味が多いく、
ビジネス用のウォーキングシューズもあることから、外回りでよく歩く人やプライベートでも使いたいなと思っている人に適しています。

ウォーキングシューズを買う前に、自分の足の形を知ろう!!

まずは、正しい姿勢で計測するようにしましょう
両足を肩幅の広さ開き、両足に均等に体重が乗るように直立します。
両手は力をぬいて自然に降ろし、目線はまっすぐに前を向きます。
足の指先をしっかりと伸ばし測ります。

また通常の薄手の綿ソックスでも足長は1.5mm、足囲は5mm増加すると言われています。
そのシューズをどんなシーンで使用するのかによって、その際使う靴下を着用して測ると実際使用する時にもサイズのずれがなく良いでしょう。

足長(サイズ)を測ろう!!
かかとの一番出っ張っているところから、最も長い足指(親指や人差し指など個人によって異なります)の先端までの長さを測りましょう。

測定用紙(A4用紙)のダウンロードはこちらから
測定用紙(A3用紙)のダウンロードはこちらから

足囲(ワイズ)を測ろう!!
親指の付け根と小指の付け根にメジャーを一周させます。メジャーがない場合は紐などを一周させ、定規で測りましょう。

 

サイトマップ